向く人?向かない人?会計ソフトの裏話

帳簿作成のみの利用はもったいない

個人事業を行っている人や一人で会社を切り盛りしている人は、自分で税務申告業務をしないといけません。経理の経験がなかったり知識がないと、簡単な作業にも時間がかかってしまいます。そこで導入すると良いとされるのが会計ソフトです。仕訳を入力すると後は自動的に転記や集計をしてくれるので、帳簿作成は簡単にできます。ただ、帳簿作成のみなら手作業や表計算ソフトでもある程度はできてしまいます。わざわざコストをかけて導入する必要はないかもしれません。一方、集計情報を利用して分析をし、経営改善に役立てようとする人はどんどん利用すべきです。前月や過去の比較などが簡単にでき、経費の問題などもすぐに把握できます。業績アップに役立てられます。

より細かく経営分析したいとき

会計ソフトを使うと、仕訳を入力するだけで必要な情報が得られます。簡単な分析もできるので、売上アップや経費削減に役立てられます。あまり経理や会計情報に詳しくない人でも、身近に情報分析などができるようになります。初心者などなら簡単な会計ソフトを利用すれば問題ありません。しかしより細かく経営分析をしたい人は、会計ソフトだけでは分析できないかもしれません。その時には、会計ソフトからデータを抽出する機能を持ったものを利用しましょう。インポートやエクスポートができる機能です。そのデータを表計算ソフトなどに移し、自分なりに分析ができるようになります。誰でも使えるレベルの会計ソフトだけでは、対応できない業務があります。