経理初心者でも始めやすい?会計ソフトのメリットとは?

借方や貸方が分からなくても処理ができる

経理業務を行うとき、簿記の知識があるかどうかで大きく違いが出ます。簿記ができると、取引を仕訳で表現をして、転記をし、さらに帳票にまとめられます。簿記ができない人は、最初の仕訳にするところでつまづいてしまい、それ以降の処理ができません。そこで利用したい会計ソフトとして、簿記を知らない経理初心者でも使えるものがあります。仕訳をするときに必ず必要になる言葉に借方と貸方があります。仕訳は必ずどちらかに勘定科目が設定されますが、初心者はどんな内容かわからないかもしれません。あるソフトではよくある仕訳例が登録されていて、そこから該当する取引を選択すると自動的に仕訳が作成できます。後は日付と金額、摘要を入力するだけです。

転記や帳票作成の知識は全く不要

会計書類に貸借対照表と損益計算書があります。貸借対照表は、その時点での資産や負債、資本などを把握する資料です。損益計算書は、貸借対照表の当期利益部分を詳細に表示した資料になります。この資料を作成するには、仕訳を転記して、各科目ごとに集計し、それを貸借対照表や損益計算書に分けて行かなければいけません。経理初心者だと大変な作業になるでしょう。会計ソフトを使うとどうかですが、仕訳が終われば後はほとんど何もしなくても処理ができます。転記にしても帳簿作成もソフトが自動的に行ってくれます。帳票作成ボタンを押せば、プリンターから帳票が印刷されたり、画面上に表示されたりします。転記のミスや帳票作成のミスを減らせるでしょう。

マイナンバーシステムとは、マイナンバーを活用し、公的機関が個人情報を連携させるシステムを指します。このシステムにより、マイナンバーの行政利用がさらに進んでいくと思われます。